挑戦に渇く、きみへ。

挑戦に渇く、きみへ。

社会に出たからと言って、
丸くなる必要なんてない。
ないものは、創りだせばいい。

挑戦の舞台となるのは、1 日に1750万人もの
人々が利用するJR 東日本の「駅」構内。
この“巨大なフィールド”を使って、
きみは何を仕掛けるだろう?

オリジナル飲料を、ゼロから開発する。
AI やビッグデータを駆使して、
新しいサービスを企画する。
新しい事業を、自らの手で立ち上げる。
飲料ビジネスの枠さえ取っ払い、
自由に考えてみてほしい。

「なんかおもしろいことはないか」と常に企み、
変化を歓迎し、会社自体を変えていく。
それが、JR 東日本ウォータービジネスだから。

頭の中からアイデアをひねり出すことに、
世の中にイノベーションを仕掛けることに、
きみは、ただ、夢中になればいい。

変革を、遊ぼう。創造を、日常にしよう。
挑戦に渇くきみに出会えることを、
心から楽しみにしています。

JR 東日本ウォータービジネス

PAGE TOP